生活を圧迫するローン|不動産会社で人気の街を探そう|新しい住処
男女

不動産会社で人気の街を探そう|新しい住処

生活を圧迫するローン

家と硬貨

競売になる前に

住宅ローンの支払いが苦しくなってしまった場合に出来る対策に任意売却という方法があります。任意売却は家を売ってしまうというものですが、通常は住宅ローンの返済が終わっていないものは売却することが出来ません。しかし任意売却は住宅ローンを組んだ銀行などと話し合いを行って住宅ローンの残債がある状態で売却することが出来ます。は最終的に住宅ローンの支払いが出来なくなって競売などになってしまうと裁判所が介入するので柔軟性のない手続きになってしまいます。しかし任意売却は不動産会社などが仲介に入ることにより競売よりも売却額が高くなるケースが多いことと、近所の人に自宅が競売にかけられたということを知られずに済むというメリットがあります。

メリットも多い

任意売却はあくまで話し合いによって行われるもののため、住宅ローンを組んでいる銀行などの同意がなければどれだけ任意売却を行いたくてもできません。きちんと契約を交わした不動産業者や任意売却専門のコンサルタントなどが銀行などとの仲介を行ってくれますし、多くの場合では住宅ローンの支払いが出来なくなってしまい競売にかけられると市場価格よりも安い価格での販売となってしまうため、銀行側も任意売却に応じてくれるケースが多いと言われています。また引越の日時や明け渡しの時期などに融通が利きやすいので競売よりも有利に売却することが出来、売却後の残債の支払いも無理のない計画を立てることができるので金銭面や精神面での不安感が少なくて済みます。